「遺影」写真の加工・修復作業・美容修整作業

最近、特にお問い合わせの多い「遺影」をテーマにしたページを開設しました。

「終活」という言葉が世に広まり、その活動の一環として、ここ数年「遺影」を生前に準備される方が増えてきました。ヘアメイクとカメラマンによるスタジオでの本格的な撮影を依頼される方も少なくありません。「遺影」をポジティブに捉える方が増えたことは、とても素晴らしいことだと思います。

そんな中で当社がご提案するのは、ご本人やご家族が思い入れの深い「お気に入りの一枚から遺影を作る」プランです。

ご本人やご家族しかわからない、その人らしい「しぐさ」や「表情」は、何気なく撮った日常のスナップ写真に隠れているはず。葬儀の際に手配する間に合わせの「遺影」ではなく、お客様のご要望を最大限尊重し、丁寧に修整・加工・美容修整作業を施し、完成させます。アジャストフォトサービスで、奇をてらわない、お気に入りの「遺影」を作ってみませんか?

遺影写真を限定とした、下記3プランをご用意させていただきました。

お気に入りの一枚から作る遺影A・Bプラン
お気に入りの一枚から作る遺影Cプラン

原版の状態・ご要望の内容等により、作業をお断りする場合もございます。


写真修整基本作業とは

「写真修整基本作業」とは、染み・汚れ・傷等の修整加工、色調・階調補正、背景加工等を含む、当社規定の標準的な写真修整作業になります。遺影制作の場合、ほとんどの写真の修整作業は基本作業内で行わせていただきますが、著しく複雑な作業を要する場合等、追加料金をいただく場合もございます。お申し込み時にご確認ください。

 

※色再現(モノクロ→カラー化)の作業は「写真修整基本作業」に含まれておりません。別途オプション料金を申し受けます。

美容修整作業とは

「美容修整作業」とは、通常の写真修整作業とは別に、お客様のご要望に応じ、シワ・シミ・ホクロ等の除去加工、顔の色・ライン等の修整、髪の毛の乱れ・ボリューム・色の調整等、「美容」に関しての修整を行う作業です。

このような作業は技術者の「腕の見せどころ」ではありますが、過度な修整加工により違和感が残る仕上がりが予想される場合等、作業をお断りする場合もございます。綿密なお打ち合わせの上、お客様からのご要望は最大限尊重させていただきますが、あくまでもご本人らしさを失わない、自然な仕上がりを前提とした「修整作業」とお考えください。

美容修整作業一例

美容修整作業例 / シワ・シミ・ホクロ等の一部除去加工、顔の色・ライン等の微修整、ほうれい線の影を減少、髪の毛の乱れ・ボリューム・色の調整等

遺影額に関して
遺影額の種類

L判・四切額共、木製フレーム・ガラス板仕様の国内有名メーカー製品です。カラーはマットブラック・パールホワイトよりお選びいただけます。

▪️L判額[外寸 約14.8×11cm / 写真面(台紙無)約11.8×8cm]

▪️四切額[外寸 約41.6×36.6cm / 写真面(台紙有)約28.8×23.8cm]

プリントに関して

長期保存性に優れた高品質銀塩プリントペーパーを使用します。一点一点当社にて責任を持ってチェックし、万一仕上がりに納得がいかない場合は再プリントを行います。

▪️L判[12.7×8.9cm]  ▪️四切[30.5×25.4cm]

作業見本
遺影作成見本1 作業前

 

穏やかな表情を浮かべた、何気なく撮った孫とのスナップ写真

 デジタル・データ  4032×3024pixel

(1600万画素相当のデジタルカメラで撮影)

写真をクリックすると作業内容がご覧いただけます。


遺影作成見本2 作業前

 

矍鑠(かくしゃく)とした姿が故人の面影を偲ばせる、古いモノクロ写真

 昭和30年代のスナップ写真

(モノクロプリント E判)

写真をクリックすると作業内容がご覧いただけます。

よくあるご質問 Q&A

各質問をクリックすると回答内容がご覧いただけます。

質問1


質問2


質問3


質問4


質問5


質問6

その他のご質問・お申し込みは 045-479-3381 アジャストフォトサービスまで
遺影プラン専用お申し込みフォーム

信頼のグローバルサイン社 SSL(Secure Socket Layer)暗号化通信を採用しております。