色再現(カラー化)

色再現作業例(GIFアニメ)

色再現作業例(難易度ランクA)

 当社での「色再現」とは、白黒写真や色褪せてしまったカラー写真を、データ化した上でグラフィックソフトを使い着色していく作業を示します。そのため、白黒写真や色情報をほとんど失ってしまったカラー写真は、作業者の手作業によって着色していきます。勿論、ただ作業者の経験則だけで着色していくのではなく、光学的観点を基に、調査資料や撮影当時を知る方からの聞き取り等の情報も汲み入れ、「正確さ」と「自然さ」を追求して、丹念に着色作業を進めます。

色再現(白黒→カラー化)作業は「写真修復・修整基本作業」後に実施することをお薦めします(色再現に好影響を与える可能性があります)。
原板はスキャニング(データ化)に使用させていただくのみとなり、原則として直接手を加えることはございません。
色再現(カラー化)例1
色再現(カラー化)例2
色再現(カラー化)例3
色再現(カラー化)例4
色再現(カラー化)例5

当社の色再現「ハイブリッド着色」

 現在、AI(人工知能)による白黒写真の自動色付け技術が開発され、数々のウェブサービスも登場しています。この技術を簡単に説明すると、AIが写真の局所的な部分や物体、また風景などのシーンを捉え、積された膨大なデータを元に「それが何か」を認識して色を推定し着色するというものです。従来は人間がグラフィックソフト等を使い細かく手作業で色付けしていたことを、瞬時にしてこなしてしまうという驚愕の技術と言えます。
 ただ、現状のAIに共通する傾向として、教師データが用意されていない特定の人工物の色を推定するのは実質不可能であり、その場合セピアのような平均的な色を付けてきたり、大きく外してしまったりします。またクリアでシャープな解像感の高い写真には比較的高精度な色付をしますが、逆にコントラストが低かったり、原板の状態が悪く(褪色・傷・汚れが酷い)ぼんやりとした印象の写真には、はっきりと色を付けなかったり、セピアにしてしまったりする傾向があります。

 詳しくは 自動色付けウェブサービスの比較検証 及び 原板の前処理による色付けへの影響について ページをご覧ください。

原板・AIによる自動色付け・ハイブリッド着色比較例1

写真左:原板 中:AIによる自動色付け 右:当社による色再現(ハイブリッド着色)

 当社の「ハイブリッド着色」は、グラフィックソフトによる入念な着色データをベースに、AIによる自動色付けデータを効果的に加えていきます。AIによる自動色付けデータを加える主な理由としては、「正確さ」の追求からではなく、より「自然な」雰囲気の味付けをするためです。依存度は写真により異なりますが、おおよそ0〜30%程度で、複数のAIの出力結果を部分的に結合(いいとこ取り)する場合もあります。「ハイブリッド着色」は、人間とAIとの共同作業により、99%の「正確さ」と「自然さ」を追求します。

原板・AIによる自動色付け・ハイブリッド着色比較例2

写真左:原板 中:AIによる自動色付け 右:当社による色再現(ハイブリッド着色)

「ハイブリッド着色」の特徴

 

・原則として「写真修復・修整作業」の前処理を施す

 

・技術者によるグラフィックソフトでの入念な着色データがベース

 

・AI(場合により複数の組み合わせ)による自動色付けデータを効果的に結合

 

 詳しくは 当社の色再現「ハイブリッド着色」とは ページをご覧ください。

 「ハイブリッド着色」は、原則として「写真修復・修整基本作業」と「色再現(カラー化)作業」の組み合わせとなります。通常の「色再現(カラー化)作業」ではAIの出力データを使用しませんが、現状の料金差はありません(AIデータを使用することによる追加料金はありません)。

色再現(カラー化)作業

 写真によって作業内容は大きく異なるため、5段階の難易度にランク分けすることで、より明瞭な作業料金をご提示しております。

色再現(カラー化)作業料金表

色再現(カラー化)難易度別作業料金表
各ランク間の作業難易度の場合や、追加作業がある場合、A+B+ 等で料金をご提示させていただく場合もございます。
「ハイブリッド着色」は、原則として「写真修復・修整基本作業」と「色再現(カラー化)作業」の組み合わせとなります。

 写真修復・修整・色再現作業例のページでは、難易度ランクを明示した具体的な作業例をご紹介しております。

写真修復・修整・色再現作業例のページへ

 詳しくはフォーム・お電話・メールにてお気軽にお問い合わせください。もちろんご相談・お見積もりは無料です。

お見積もりフォームへ

画像の添付が可能です。

お問い合わせ・お見積もりのページへ
ホームへ