当社の色再現「ハイブリッド着色」とは?

AIによる自動色付けの精度に満足できない方へ

99%の満足度を目指すために

 あるユーザーテストによる評価では、AIによる白黒写真の自動色付けにおいて約90%の結果について「自然だ」との回答を得たそうです。確かに 自動色付けウェブサービスの比較検証 ページでの結果を見ても、満足度の高い色付けをしてくれることがわかります。

 

 しかし、開発者も「90%を99%にするのは難しい」と言います。

 

 AIは局所的な部分や物体、また風景などのシーンを捉え、蓄積された膨大なデータを元に「それが何か」を認識して色を推定します。そのため、教師データの用意されていない個々の特定の人工物に関しては、色の「傾向」を読み取るのが実質不可能なのです。実際特定の人工物のような判断が難しい物について、AIはセピア色といった平均的な色を付けてしまう傾向にあります。

AIと当社色再現比較例1 左:原板 中:AIによる自動色付け 右:当社による色再現(ハイブリッド着色)
写真左:原板 中:AIによる自動色付け 右:当社による色再現(ハイブリッド着色)

 上の写真は 自動色付けウェブサービスの比較検証 ページでもご紹介した、陸軍大将、乃木希典写真です。左から原板、AIによる自動色付け(中でも一番自然であると感じたもの)、当社による色再現(ハイブリッド着色)となります。中央のAIによる色付けは自然特に背景が秀悦多くの方(90%?)が満足できる仕上がりとなっているように感じます。しかし、よく見ると右手の色が抜けていたり、軍服や胸につけられた勲章などの色が曖昧であったりします。

AIと当社色再現比較例1(拡大) 左:原板 中:AIによる自動色付け 右:当社による色再現(ハイブリッド着色)
写真左:原板 中:AIによる自動色付け 右:当社による色再現(ハイブリッド着色)

 肌の色を見落としているのはAI自体の精度の問題にあるのかと思いますが、「軍服」や「勲章」などの特定の人工物に関しては、それに関する特定の教師データを持ち合わせていないために推定できていないのではないかと思われます。しかし人間であれば、例えば「勲章」であることを認識し、乃木希典」の「受勲」で調べ上げ、おそらくそれは「金鵄勲章」勲一等旭日桐花大綬章」ナイト・グランド・クロス章」・・・であると推定し、資料と擦り合わせ、より精度の高い色付けをすることができます。AIは「人間の判断をいかに予測モデルに落とし込むか」に焦点を当てて開発されたといいますが、「認識」して(調べ上げ)色を「推定」する能力は、まだまだ人間に一日の長があるように思えます。また、たとえ勲章」の資料が見つからなかったにしても人間(技術者)は決してセピアのような色付けはせず、光学的に矛盾の出ないよう「より自然」な仕上がりを目指して作業を進めていきます。

 現状、90%の精度を99%に近づけるには、人間(技術者)の関与が必要不可欠なのです。

 

 その他の 自動色付けウェブサービスの比較検証 ページでご紹介した例の比較画像もご覧ください。程度に差はあるものの、人間(技術者)による色付けはAIの見落としや推定できなかった部分を補っているのではないでしょうか。

写真左[原板]

 出典元のURLを明記。当社顧客提供の場合、都道府県名及びお名前(イニシャル)を表記。
写真AIによる自動色付け

 下記のAIサイトより原板を入力、各写真で最も自然と思われる出力結果を抽出(採用したサイトのURLを明記)。

 http://iizuka.cs.tsukuba.ac.jp/projects/colorization/web/
 https://colourise.sg
 https://www.colorize.ml

 ※AIの比較画像は 自動色付けウェブサービスの比較検証 ページをご参照ください。
写真当社による色再現

 原板をグラッフィックソフトにより傷・汚れ等を除去・低減、コントラストの最適化等の修復・修整加工後、彩色加工を施し、AIによる色付けデータを加え(依存度は写真により異なる)最終的に補正する「ハイブリッド着色」。

AIと当社色再現比較例2 左:原板 中:AIによる自動色付け 右:当社による色再現
AIと当社色再現比較例3 左:原板 中:AIによる自動色付け 右:当社による色再現
AIと当社色再現比較例4 左:原板 中:AIによる自動色付け 右:当社による色再現

AIと人間による白黒写真の「ハイブリッド着色」

 ここでは、当社による白黒写真の色再現「ハイブリッド着色」についてご説明します。実は当社が白黒写真のカラー化サービスを開始したのは2016年で、その年はまさにAIによる白黒写真の自動色付け技術が注目され始めた年でもありました。AIの自動色付けが注目され始めた時期に、何故あえて人間による「時間」と「お金」のかかる色再現サービスを始めたのか? 理由はAIによる自動色付け技術に感銘を受けたと同時に、人間による補正の必要性を強く感じたからです。またそれにより白黒写真のカラー化技術の、飛躍的な進歩の可能性を感じたのです。

 

「ハイブリッド着色」の特徴

 

・原則として「写真修復・修整作業」の前処理を施す

 

・技術者によるグラフィックソフトでの入念な着色データがベース

 

・AI(場合により複数の組み合わせ)による自動色付けデータを効果的に結合

 

 AIによる自動色付けデータを加える主な理由としては、「正確さ」の追求からではなく、より「自然な」雰囲気の味付けをするためです。依存度は写真により異なりますが、おおよそ0〜30%程度で、複数のAIの出力結果を部分的に結合(いいとこ取り)する場合もあります。

 「ハイブリッド着色」は、人間とAIとの共同作業により、99%の「正確さ」と「自然さ」を追求し、色付けします。

AIによる自動色付けとハイブリッド着色の比較例

写真左:原板 中:AIによる自動色付け 右:当社による色再現(ハイブリッド着色)

A.アインシュタイン 左:原板 中:AIによる自動色付け 右:当社による色付け
芸妓さかえ 左:原板 中:AIによる自動色付け 右:当社による色付け
戸田家の兄妹 左:原板 中:AIによる自動色付け 右:当社による色付け
写真提供:神奈川県 T様 左:原板 中:AIによる自動色付け 右:当社による色付け
ペリー提督 左:原板 中:AIによる自動色付け 右:当社による色付け
写真提供:大阪府 N様 左:原板 中:AIによる自動色付け 右:当社による色付け
写真提供:埼玉県 H様 左:原板 中:AIによる自動色付け 右:当社による色付け

写真左[原板]

 出典元のURLを明記。当社顧客提供の場合、都道府県名及びお名前(イニシャル)を表記。
写真AIによる自動色付け

 下記のAIサイトより原板を入力、各写真で最も自然と思われる出力結果を抽出(採用したサイトのURLを明記)。

 http://iizuka.cs.tsukuba.ac.jp/projects/colorization/web/
 https://colourise.sg
 https://www.colorize.ml
写真当社による色再現

 原板をグラッフィックソフトにより傷・汚れ等を除去・低減、コントラストの最適化等の修復・修整加工後、彩色加工を施し、AIによる色付けデータを加え(依存度は写真により異なる)最終的に補正する「ハイブリッド着色」。

ハイブリッド着色のお問い合わせ・お申し込みは

 「ハイブリッド着色」は、当社の「写真修復・修整基本作業」と「色再現(カラー化)作業」の組み合わせとなります。料金に関しましては、「作業料金・納期」のページで難易度別でご提示しております。通常の「色再現(カラー化)作業」ではAIの出力データを使用しませんが、現状の料金差はありません(AIデータを使用することによる追加料金はありません)。

 また写真及び作業内容は一点一点全て異なりますので、詳細に関しましてはフォーム・お電話・メールにてお気軽にお問い合わせください。もちろんご相談・お見積もりは無料です。

お見積もりフォームへ

画像の添付が可能です。

スマートフォンからの簡単お見積もり手順
お問い合わせ・お見積もりのページへ
ホームへ

※本ページに掲載されている画像は検証例として加工したものです。混乱を避けるため、無断転載・転用を禁じます。