「遺影」写真の作成について Q&A

質問1

 

どんな写真からでも遺影は作れますか?


回答1

 

まず種類としては、カラープリント・モノクロプリント・パネル類・ネガフィルム・ポジフィルム・デジタルデータ等、基本的にどんな写真・画像からでも制作は可能です。また額に入ったまま張り付いてしまっていたり、アルバムから剥がすのが困難な写真等もご相談ください。

重要な「写り」に関しては、

 

1. ご本人がなるべく大きく・はっきりと写っている

2. 極端に光や影が被っていない

 

当たり前ではありますが、上記の条件が整う程、よりきれいに仕上がる可能性が高くなります。集合写真のようにご本人が小さく写っているもの、ピンボケ、極端に暗い、または明るく写ってしまっているものは、仕上がりの関係上おすすめはできません。またお顔の部分に激しい傷や欠損等のある写真も同様です。一点一点的確な補正・修整・加工作業を施しますが、やはり限界があります。

とはいえ「どうしてもこの写真で・・・」というこだわりがおありの場合はご相談ください。仕上がり状態をなるべくわかりやすくご説明し、ご納得の上で作業を進めさせていただく場合もございます。それがご本人やご家族にとって、かけがえのない「お気に入りの一枚」なのであれば、全力を尽くします。

まずはご相談ください。



その他の良くあるご質問

質問2


質問3


質問4


質問5


質問6

その他のご質問・お申し込みは 045-479-3381 アジャストフォトサービスまで
遺影プラン専用お申し込みフォーム

信頼のグローバルサイン社 SSL(Secure Socket Layer)暗号化通信を採用しております。